1

眠い目をこすりながらも6時起床 ( -д-)zzz
シャワーを浴びて身だしなみ。


昨日から民宿日出というゲストハウスに泊まってます。
6連泊なので一泊100バーツ(約300円)になりました。
相部屋だがシャワーもクーラーもあるし、洗濯も出来る。
なかなかいい所でごわす





さて学校に行くとするべが εε≡へ(´∀`)ノ

2
途中セブンイレブンでお買い物。
ヤクルト1リットル・・・ ( ゚д゚)
迷わず購入w



3
それにしても!暑いよこの国! ι(´Д`υ)アツィー
ミネラルウォーターと濡れタオルは必携だす。



4
学校が見えてきた。
ちなみに学校の名前は
プッサパータイマッサージスクール といいます。
タイ文部省認定タイマッサージスクールだったりします。




誰かいるかな? |∀゚) チラッ

5
誰も来てねえw 先生さえもw




午前中は座学なり。
体の構造、筋肉、骨、血管など学ぶ。
久々にぐっすり眠る事ができた (´∀`) ←





昼飯はみんなでカウマンガイを食べに行く。
鶏肉のゆで汁で炊いたご飯に蒸し鶏を乗せたもの。

6
スープ付きで約20バーツ(約60えん)
マジ美味いっす (*゚Д゚)ノ



a11
昼食中の先生たち。




午後は実技。

2人ずつ組んで交互に実技。
ちなみにパートナーはタイ人のソムサン。
(´・ω・`)←マジでこんな顔。
片言のタイ語とジェスチャーでコミニケーション。

今日教えてもらったのは足と腕のマッサージ。
どうやらタイマッサージは血流を良くするマッサージらしいですな。


それにしてもタイマッサージというのは手順が多すぎる。
やられるほうは多彩なマッサージで楽しいが。
本当に全部覚えられるだろうか?

まあ俺はマッサージ大好き君なので、大丈夫だっぺす (人´∀`)♪






さて、授業時間は9時から16時。
16時になった瞬間、ソムサンとイタリア人が姿を消す

藤垣センセいわく (;◎д◎)ノ   
時間外まであくせく頑張るのは日本人だけらしく。
特にタイ人には『頑張る』という観念が希薄らしい。


いい意味で無理をしないという生き方・・・
・・・ちょっと考えさせられますな。






さて今日はタイ式フットマッサージを受けることにする。
マッサージを受けるのも修行。
体がボロボロになるまで受けてやる ヽ(`д´)ノ


スカイトレイン(モノレール)のプロンポン駅前の店に入る。
足裏コース1時間 200バーツ也(約600円)
ジーンズだとやりにくいらしく、タイパンツを渡される。

足をお湯で洗い、クリームを塗って足裏マッサージ開始。
手技のバリエーションの多さに驚く
鳴れた手つきが気持ちいい・・・。
その後、棒を使ってツボを押す。



この店員上手いわ〜 ・゚・。・゚゚・*:.。. (*´∀`) .。.:*・゚



さてその店員だが・・・
・・・思いっきりTVの韓流ドラマ見ながらやってます ('A`)
無理しない生き方、こんな所にも







さて晩飯。
近所のフードコートで食うことにする。
12
100バーツ(約300円)のクーポンを購入。
(後で払い戻し可能)
食うたるで〜〜〜〜〜


<今日の晩御飯>
バーミー(タイラーメン)
・カウマンガイ(チキンライス)
・赤ファンタ ミドルサイズ
    ・・・計 75バーツ(230円)


隣でやってるドラえもんショーを見ながら食事。
もう喰えねえ  (  `д´  ) =3





久しぶりにコーヒーでも

13
奥  スターバックス
手前  学校の制服


うん!まったく同じ味だ!
まったりとした時間が流れる。
*:.。..。.:*・゜゚・ ( ´∀`) *:.。. .。.:*・゜゚・




さて会計。
店員「75バーツ

晩飯と同じ値段ですかそうですか orz
舶来物は高いのね
 
それでも日本円で230円足らず。
ああっ、どんどんセコくなっていく俺 (つД`)



タイ・ブログランキング ←こちらポチッと押してもらえると励みになります (*´∀`)ノ゙ 
               『札幌の出張専門タイマッサージGARNET』のHP本館は→こちら